譜めくり中の「困った!」への個人的対処法

 自分が譜めくりをすることが多いので、演奏会に譜めくりさんがいるとつい注目してしまいます。他の人がやっていることを見ていると、気づくこともいろいろあり、勉強になります。
 そんな中で見た、「あー、こういうことあるよねー!困るよねー!わかるー!」ということについて、私なりの対処法を書いてみました。

 私が自分の経験で身につけたものなので、もっといいやり方があるかもしれませんし、ステージマナー的によくないことがあるかもしれませんが、お気づきのことがあればコメント欄などで教えていただければ幸いです。

譜めくり椅子が軋む

 譜めくり用に用意された椅子が、座るときに軋んだり、カタカタしたりすることがあります。気がついたら、ホールの人かステマネさんに相談して椅子を変えてもらいます。
 折りたたみできるパイプ椅子は構造上音がしやすいので、折りたたみでない椅子があればそのほうがよいです。出してもらった椅子も軋むことがあるので、その場で座ってみて、音がしないかどうか確かめます。転換などで譜めくり椅子の出し入れがある場合は、「本番もこの椅子でお願いします」と声をかけておくと安心です。

 ただ、他に椅子がなかったり、コンクールなどで椅子の交換ができなかったりすることもあります。その場合は、できるだけさっと立ってさっと座り、音が鳴る時間を短くします。椅子が軋むと思うとゆっくり動きがちなのですが、動いている間は音が鳴ってしまうので、素早く動いたほうが音をさせずにすみます。座るときは特に体重のかけかたによって無神経な音がしてしまうので、なるべく上体を引き上げて、座面に重さがかからないようにします。

 

楽譜のページが戻ってくる

 めくったページが戻ってきたり、大きく浮いたりすることがあります。また、ホールの空調でページが動いて落ち着かないこともあります。
 ピアニストも弾きにくいし譜めくりとしても嫌なところなので、なるべくそうならないようにめくります。

 ページの戻りやすさは、楽譜の製本、ページ数、開き癖などによります。戻ってきやすい楽譜かどうかは、リハーサルの段階でだいたい分かると思います。経験としては、分厚い楽譜は戻りやすいことが多いです。

 めくる前に左ページを強く押さえ、めくってからページの綴じに近いところ(ノド部分)を上から下まで強く押さえ、余裕があればページ全体をざっと触って前のページに密着させます。強く押さえすぎるとページがへこんで、かえってページが浮いてしまうことがあるので、楽譜の左側は凸面にしておけると安心です。
 曲の最初のほうでふんわりめくっていると、曲が進むにつれ左側のページがふくらんで、多少押さえた程度ではどうしようもなくなるので、最初の段階でしっかり開いておくことが大事です。

  それでも戻ってきてしまう場合、あまりにページが落ち着かないようなら、ずっと立って譜面を押さえていてもよいかと思います。立とうか立つまいか譜面を見守っている動作は客席から見ていると案外目立つので、個人的には立ちっぱなしの方がまだ良いと思っています。

 

立ったときにピアニストに当たりそうになる

 ページをめくるために立った譜めくりさんがピアニストの腕の可動域に入ってしまって、やりづらそうにしているのをたまに見かけます。近づかないとめくれないのに近づくと当たってしまう……というこの状態は、案外簡単に解決できます。

 だいたいの演奏会では、譜めくりはピアニストの左側に座っていて、一歩踏み出して左手でページをめくります。このとき、右足を踏み出してしまうと、右半身がピアニストに接近しすぎてしまい、ピアノにも近づきにくくなります。
 左手でめくるときは、踏み出す足を左にします。これだけでもピアニストに近づきすぎてしまう感じは減るかと思います。

 私が譜めくりをするときは、左足を踏み出し、体を開いて、客席と向かい合って立つようにしています。座っていた姿勢から、客席に向かって90度回転した状態です。重心は左足に置きます。こうすると右半身が遠くなるので、横長の譜面などで手を伸ばしても、ピアニストの可動域にはあまり干渉せずにすみます。

 
 書いているうちに、どこまで説明したものなのかだんだん分からなくなってきました。普段やっていることを言葉で説明するのはなかなか大変です。このニッチな記事を読んでくださった方で、もし質問などありましたら、お気軽にコメント欄にお願いいたします。

ライブ用耳栓のススメ

コンサートといえば合唱かピアノか声楽で、およそスピーカーを使う音楽に縁のなかったミドリコさんですが、ネットラップのライブに行くようになって、ライブ後の耳鳴りが気になるようになりました。

だいたいライブ後って足も背中も腕も痛くて(長時間立ったり跳ねたり腕を上げたりするから)息も絶え絶えなので、耳鳴りについては当初そんなに気にしていなかったのですが、ライブ後に耳鳴りがしたり聞こえが悪くなったりするのって音響外傷といって、ずっと残ることもあるんだそうです。
私はもともと耳に不調が出やすい方だし、ホームグラウンドは合唱とか声楽とかのアンプラグドの音楽だという気持ちもあるので、耳に障害が出るのは嬉しくない。でもライブは行きたい。

ということで、ライブのときは必ず耳栓を持っていくようになりました。なんと世の中にはライブ用の耳栓というものが存在するのです。

ライブ用の耳栓は、演奏が聞こえづらくなることなく、会話にもさほど差し支えなく、でも耳に辛いような音は防いでくれるよ、というものです。
代表的なのはこれだよ、と教えてもらったのがCrescendoとThunderPlugs。


この二つ、音を防ぐ仕組みが違うらしいんですけど、これをつけてライブに参戦するとどちらもだいぶ耳が楽です。どう違うかというのは梅田のイーイヤホンのお兄さんがめちゃくちゃ丁寧に説明してくれてたんですが、私の上等なおつむでは把握しきれませんでした。でも試着(耳栓つけて手持ちの携帯音楽プレイヤーをつないでヘッドホンで大音量で聞く)させてもらったら、確かに耳の楽になる部分がなんか違うのは分かりました。イーイヤホン、何十万って商品も扱ってるのに、耳栓の客にも親切ですごくいい店だと思います。

www.e-earphone.jp
イーイヤホン梅田店、いかにも音楽やってそうなちょっと怖そうなお兄さんが接客してくれたんですけど、めちゃくちゃ親切で感動しました。イヤホン買うときはここで探すことにします!


CrescendoもThunderPlugもケースがついてるので、ケースごとライブ用のカバンに入れておいて、そろそろ開演かなってときにつけてます。私が買ったのは1700円くらいだったかな? めちゃくちゃ安くはないんですけど、これで耳が守れると思ったら全然高くないので、ライブ後の耳鳴りが気になる人には全力でおすすめします。体を守りつつライブを楽しみましょう!

はじめたばかりのアナログゲームが楽しいのでなにが楽しいのか考えてみた

インターネットフレンズのコジさんbetrayさんいけさんとカタンの会をしてきました。
f:id:midoliko-tsuki:20190514081116j:plain

カタンのほかにも、初めてのゲーム、以前にもやったゲームなど、いくつかのゲームをプレイして、あっという間の楽しい午後でした。

去年の夏から、主にbetrayさんにゲームを提供してもらって、私が呼びかけたりbetrayさん主催の会に参加したり、何回かアナログゲームで遊んで(遊ばせてもらって)、まだぜんぜん「アナログゲーム好きなんですう」とか言えるレベルではないんですけど、自分がアナログゲームの何を楽しんでいるのか、どういうことができるようになりたいのかがなんとなく分かってきたので、書き留めておこうと思いました。先に宣言しておきますが、完全に個人的な感想です。誰かが読んで得するようなやつじゃないです。すみません。

さて。
アナログゲームにおいて私はそもそも何が楽しいのかって話なんですけど、少なくとも「勝つこと」ではないんですよね。なぜなら大概のゲームにおいて、私はそもそもルールを把握できていないからです(ひどい)。
いままでやってきただいたいのゲームはbetrayさんの持ち物で、ゲーム慣れしてる上に親切なbetrayさんは毎回丁寧にルールを説明してくれるのですが、私は耳から入ってきた情報を頭の中で整理するのがものすごく下手なのでした。
聞いた文章は分かるんですが、聞いた文章の意味を理解するというのがだめ。普通の会話ならなんとかなるんですが、ルール説明みたいなやつが致命的に苦手。ルールのその三くらいになるともうぜんぜん理解できないので、飽きて別のことを考えてたりする(ひどい)。
文字情報を読んで理解するほうがまだましなので、何度も読んでゆっくり考えたら理解できなくはないのですが、イラチなので「あーなんとなく分かったなんかそんな感じな!」と放り投げてしまう。だいたい何事においても「まずやってみて失敗してから覚える」というのがパターンです。

そんな調子でルールすら把握できていないので、ゲームのシステムももちろん分かっていないわけです。どうやったら勝てるのか、何をしたら勝てるのかがそもそも分かってない。たまたま勝ってしまうことがないではないですが、なぜ勝てたのか分からないので、嬉しいんだけどなんだか落ち着かない。
でも、何度かプレイしているうちにルールが把握できてきて、勝つためになにが必要なのかなんとなく分かってくるので、じゃあどういうことをしたらいいのかな、というのがおぼろげに見えてくるのが楽しくて、またやりたい!と思いはじめるのですね。

いままで遊んできたゲームのシステムがちゃんと分かるようになりたい、どうやったら勝てるのか分かってプレイできるようになりたい。それから、まだ遊んだことのないゲームで、ルールとかシステムとかがすぐ理解できるようになりたい。
こういうのってきっといろんなゲームに共通だと思うので、分からないなりにいくつもプレイしていれば、経験として身についたりもするんだろうと思うのですが、そうではなくて、自力で把握する、理解する、ってことができるようになりたい。なんというか、未知のものを理解する楽しさと、できないことができるようになる体験を求めてるのかなと思います。

で、じゃあルールも把握できてない状態でどうプレイしてるんだって話なんですけど、私は「勝ち負けはさておいて、自分の把握できているルールの範囲内でできるだけ面白いことをする」という遊び方をしていて、ルールが把握できていない、システムが理解できていない気持ち悪さはあるものの、それでもかなり面白いのでした。
カタンだったら無意味に街道を伸ばし続けたり、序盤でいきなり開拓地を都市にしたり、手持ちのカードを全部突っ込んで発展カードを引いたり、そういうして遊ぶのが楽しい。一緒に遊んでいるメンバーがそういう行動をうまく拾ってくれているからというのも大きいですが、面白い勝ち方(というか、勝てていないので負け方ですね)ができるのが楽しいです。

そして、ゲーム中の会話が楽しい。いままでアナログゲームで遊んだメンバーの人間力がすごく大きいとは思うんですが、ゲームを介した会話の、日常からちょっと離れた感触が本当に楽しい。こういう面白さって対人ゲームを対面でやるからこそだと思ったし、私にとって、アナログゲームをやるいちばんの楽しみはこれじゃないのかな、とも思います。

アナログゲーム、少ない経験からでも、参加するメンバーによってゲームの面白さの種類が変わるような感触があるので、もっといろんな人と遊んでみたいなと思います。ハードルは高いけど、ゲームカフェで知らない人と遊ぶとかもやってみたいです。もう少し頭良くなってからのほうがいいんじゃないかとも思うけど、むしろ本物の初心者のいまでないと飛び込めないのでは?という気もしますね……。

まあそんなわけで、アナログゲームという未知の遊びを、分からないながらなかなか楽しんでいるのでした。でももうちょっと頭よくなりたいのは確かです。わりと切実に。

コジさんのブログ
www.30-bikelife.com

betrayさんのニコニコ動画作品リスト
www.nicovideo.jp

いけさんのLINEスタンプ
http://ぽてぽてはりねずみ https://line.me/S/sticker/1040650


この日やったゲームなど

いけさんが「みんな一緒に死のな……」っていいながら万里の長城を築いていたのが楽しかったです(上に貼り付けてあるツイートの赤いコマがいけさん)。私はたびたび全財産をガチャに突っ込んで「また全ツッパする〜」と言われていました。


みんなで協力して5色の花火を打ち上げるゲーム。コジさんに「いままでのヒントと場に出たカードで手持ちのカードの色が分かるでしょ?」と言われ、えっさっきのターンでもらったヒントすらもう覚えてないんですけど??? となりました! こちらは筋金入りの鳥頭なので!!!


キメラティック偉人バトル! この日買ったゲームをその場で開封して私が説明書見ながらルールを解説したら案の定いっぱい間違っていたのですが、偉人を作るのが楽しかったのでいいと思います!


FGOを出してるDELiGHTWORKSの出したアナログゲーム。ランダム要素で決まる属性が偏りすぎていて笑いました。